ドメインを取得するにあたってどんなホームページが良いかなどを説明している男性

ドメインを取得する際、どの業者を選んでいますか?業者によって価格帯が違うのはもちろんのこと、ユーザーにお得なキャンペーンをやっているか、WHOISの代理公開が無料で出来るか、など事前に調べなきゃいけないことがたくさんありますよ!

「.org」のドメインの問題点とは?

「ドメイン」と聞くと一番に思い浮かぶのは「.com」でしょう。公式サイトや有名なブログには「.com」が使われていることが多く、目にする機会も多いと思います。しかし、ドメインには「.com」以外にも「.net」や「.jp」、「.co.jp」などのいろいろな種類があり、「.org」というドメインも存在します。
「.org」は、「.com」や「.net」などと同様、世界中で広く認知されている世界標準ドメイン名ですが、非営利団体や行政でよく使われるものです。そのため、収益を発生させないサービスや非営利団体を運営していく場合には最も適しているドメインです。また、キャンペーンもよく行われているため、安く手に入るドメインでもあります。
しかし、そのようなイメージから、収益が発生するアフィリエイトブログを運営しようとする場合や、サイトにアドセンス・広告リンクなどを貼っていると、「非営利団体しか取得できないドメインで商売をしたり収入を得ている」などと文句を言われる可能性があるという問題点があります。
また、世界標準のドメイン名ではありますが、「.com」や「.net」などに比べると知名度は低いため、「正体不明」「怪しい」「信頼性がない」などのマイナスイメージを与えてしまったり、逆に、非営利団体や行政用のイメージが強いため、「高尚だ」「敷居が高いサイトだ」と思われる場合もあります。
また、SEOにおいても、初期の段階では「.com」や「.net」に比べると不利となることもあります。ただ、SEOは、コンテンツや相互リンク次第で「.com」にも劣らないランキングに反映されるため、ブログ・サイトのコンテンツを充実させれば、SEOで不利になることはなくなります。

上へ
戻る