ドメインを取得するにあたってどんなホームページが良いかなどを説明している男性

ドメインを取得する際、どの業者を選んでいますか?業者によって価格帯が違うのはもちろんのこと、ユーザーにお得なキャンペーンをやっているか、WHOISの代理公開が無料で出来るか、など事前に調べなきゃいけないことがたくさんありますよ!

弁護士から警告?!ドメイン名と商標権との関係

企業なりショップなりが、ネットでの販売や広告を行うために、サイトを立ち上げることは、いまや常識となっています。
その歳、ドメイン名を取り、レンタルサーバを契約し、メールアドレスの設定も完了させる、という手順を踏むことが一般です。
なお、ドメイン名は、ほかの人や団体に先に登録されていなければ、任意のもので登録することができます。
ネットでビジネスを展開する場合は、ドメイン名は自社のシンボルともいうべき重要な位置づけになります。
それだけに、慎重に検討してネーミングするのが通例です。
さらに、ドメイン名をめぐっては、商標権抵触の問題も懸念されるのです。
簡単に言いますと、商品やサービスを示す名前のことが商標と呼ばれています。
この商標権というのは非常に強力な独占排他権なのです。
日本国内で、第三者が商標権者に無断で他社の商標を使用していることが発覚すれば、権利をおかされた会社は、商標の無断使用を差し止めることができます。
そればかりでなく、損害賠償の請求や謝罪広告の請求までも可能となっています。
商標も、内容的にはドメイン名と同じです。
形のうえでは、両者とも文字列である点は共通しています。
ですから、ドメインと全く文字列を使った商標が、それぞれ別個の人か団体が権利を持っているというシチュエーションもあり得るのです。
ここで考えられるトラブルとして、商標権者の側は、自分の商標権が侵害されていると主張しますし、逆に、ドメイン登録者のほうは、先に登録したとして、みずからの手続きの正当性を主張いたします。
このような紛争を避けるためにも、最初にドメイン名を決めるときに、可能な限り、自分や自社が持っている登録商標と同一か類似の文字で登録するとか、念のために、特許庁のサイトで先願商標の検索をしておくことが求められます。

上へ
戻る